検査 長沼貴也

後輩社員への接し方で意識していること

分からないことを質問しやすいように、また仕事を楽しんでできるように、壁を作らないよう気をつけています。個人で仕事をすることが多い部署なので、一人で不安をかかえこまないように、時間を見つけて仕事以外の話もしています。メリハリのない関係にならない様に、注意すべきところ、良いところを見極めるよう心掛けています。最近では後輩社員が力を付けてきており、とても頼りにしています。

これからのキャリアステップについて

職場の仲間にとってお互いにより動きやすいような環境を作っていきたいと考えています。例えば、現在の夜勤2人交代体制ですと引き継ぎ時しか会うことが出来ません。夜勤3人体制にすることで、日勤での検査方法の共有、報連相がスムーズになると考えています。

いま、検査業務に求められていること

最近はお客様ごとに特殊な要求をされることも増えてきました。加えて受入検査を省き、こちらでの検査成績書を全面的に信用するという流れもありますので、今まで以上に品質の保証が求められていると感じます。検査の信頼性はそのまま会社の信頼性でもあるので、検査業務の責任は大きいです。現在は検査前に現場でも検査結果の数値を記入してもらっているのですが、それもより正確性を期すための対応です。加工した人自身なら機械・刃物のクセから数値が怪しい場所も推測しやすいでしょうし、記入することで自分の加工に責任を持てるのではないかと思っています。

検査の仕事でこれから挑戦したいこと

簡単に、しかも正確に検査をこなす方法を考え、検査工具の作製をしてみたいです。今は三次元測定機がフル稼働しているのですが、作成した工具でマイクロハイトを使用し検査対応可能になれば、部品を滞留させることなく流動することができます。そのようにして時間は、今度は不適合の未然防止を加工現場と共に考えることに使いたいですね。後手後手の対応ではなく、先手を打っていきたいです。

プライベートでこれから挑戦したいこと

海釣りです。適当に釣竿を振っても釣れないので、知識をつけていろいろな魚を釣ってみたいです。ここ数年はアオリイカ釣りを極めようと目下挑戦中!今年はそろそろ終盤なので、また来年再チャレンジです。


ニクニ白鷹で働くスペシャリスト一覧へ戻る